ほぼ日刊ヒトミ通信

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

  いい映画です
2014年04月11日 (水)

京都ホテル4F「焼雲の間」(収容300名)をあとにして向かったのは、下京区にある公共施設「ひと・まち交流館」2階の第1会議室(収容20名)です。

目的は、勉強仲間である原田さんが開催された映画上映会への参加。上映されるのは、「1/4の奇跡」を製作したハートオブミラクルが、今回新た世に出したドキュメンタリー映画、「日本一幸せな社員をつくる 〜ホテルアソシア名古屋ターミナルの挑戦〜」です。

ホテルアソシア名古屋については、以前PHPビジネスレビューでも取り上げられていたのを、例会の教材にしたこともあったので、素晴らしいホテルらしいと知ってはいましたが、

やはり映像の力は違いますね。実際にどんな人がどんな思いで、どのような実践活動を積み重ねてこられたのか。大変勉強にもなりましたし、大いに感動いたしました。

映画の紹介をHPから抜粋しますと

<ココから>

【映画あらすじ】
名古屋駅前の老舗ホテルは、4期連続の赤字にあえいでいた。経営陣の退陣、新たな総支配人に選ばれたのは、柴田秋雄。長らく労働組合の役員を務めた柴田氏は、柴田流の再建策に乗り出す。

それは、リストラでも、成果主義導入でもなかった。従業員が参加して、経営理念をつくり、みんなで合宿して夜を徹して夢を語り合い…。

そう、夢は「日本一幸せな従業員をつくる」こと。従業員のお誕生日会、従業員食堂のリニューアル、続々はじまる試み。いざ、結果はいかに?

※文部科学省選定(平成26年2月19日、少年・青年・成人向き)

<ココまで>

本編の主人公であるホテル総支配人の柴田昭雄さんの熱さはただもんではないです。リーダーシップとはかくあるべきという姿を体現されておられます。

見ていてとっても感動しますが、一方非常に苦しくなってくるのはいつもの通り。経営者の方は心して見てくださいね。

全国各地で上映会が開催されていますので、是非ご参加されることをお勧めします。絶対行くべし。(大阪では先日1000人会場が満員だったようです。みんな良く知ってますねぇ)

上映会の詳細&お申込みは、ハートオブミラクルHP
http://www.heartofmiracle.net/hotnews/hotnews0012013.html

京都では原田さんが少人数の自主上映会をあと2回企画されておられますので、FBでお友達の方は問いあわせてみてください。

原田さん、いい学びの機会をいただき本当にありがとうございました。

- WebCalen -