ほぼ日刊ヒトミ通信

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

  旧交ではなく現交
2017年07月12日 (水)

ビックサイトで勉強したあとは、新橋で懇親会。以前勤めていた職場が虎の門でしたので、新橋はほんと良く行きました。正しいサラリーマンの街であります。

よくテレビで酔っぱらいのおじさんにインタビューしていますが、なんと我々も三次会に移動する途中で見事つかまってしまいました。平日午前中にやっている「ビビット」という番組でした。

質問は「松井一代さんの行動をどう思いますか?」

一番最初に浮かんだ答えは「どうでもいいです」でしたが、さすがにそれではお仕事されている人が可愛そうなのでなんか適当に考えて答えておきました。完全におのぼりさん気分であります。

今年一番の猛暑の中、なぜか予約してくれたお店は「おでんや」さん。行く前から汗が噴き出そうです。

今回のメンバーは、私が修行していた某メーカーの上司でその会社の元常務、さらに私の仲人でもあるEさん。そして私が退職するときに入社してきて、同じ特約店子弟ということもあり、一年だけ教育係をさせていただいたK君。

彼はその後私の勧めで東京JCに入会し、先輩に好かれるその人柄もあって非常に多くの良き友人ができ、更に現在もビジネスでも大いに役立っているとのこと。紹介者冥利に尽きますね。

同じ会社で働いていた3人ですので、もちろん昔話もいたしますが、それよりも現在の話、未来の話がたくさんでるのが、このメンバーの良いところ(特に我々よりずっと年長にもかかわらず、いつまでたっても昔話に埋没せず、これからのビジネスを志向するEさんが凄いです)

実際のところ、京都より東京の方がはるかに情報が多いのは当たり前、特に大きな情報収集には定期的な上京は欠かせません(逆に京都でのインナー情報は十分入手可能なポジションにいるとは思います)

今回もいろいろ有益なお話ができました。いつまでも「旧交」ではなく「現交(こんな言葉ないですが)」を継続できれば嬉しいですね。お二人とも、お忙しい中お付き合いいただきありがとうございました。

- WebCalen -