ほぼ日刊ヒトミ通信

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

  物好きな人
2018年02月08日 (木)

本日は副理事長を務めている業界の協同組合の役員会&懇親食事会です。当然仕事では日常的に「競合」しているわけですが、それはそれとして業界全体の向上を目的として、そして今はやりの「対話のチャンネル」の確保も兼ねて、年に数回は懇親会があります。

今回は昨年ついに京都に上陸した、東京資本の有名焼肉店「叙○苑」の最高級ブランド店「遊○亭」さんを、物は試しと予約いたしました。

四条烏丸近くの新しいビルの最上階にあり、焼肉屋さんとは思えない薄暗い照明が高級感を漂わせていますね。お出迎えの方も沢山いて、「大層な感じ」であります。

さて、ここから先は完全に個人の感想ですので、あまりあてにせず、必ずご自身で体験されて判断されることをお勧めいたします。

まずお料理ですが、これは間違いなく美味しいですね。まぁ結構なお値段しますので、相応とも言えます。ただし私は小食なので丁度良かったですが、ポーションはやや少なめです。

接遇は、もちろん丁寧ですが、オープンからあまり時間が経ってないせいか、オペレーションは若干ぎこちないですが、これはそのうちに改善されるでしょう。京都の老舗に多い「偉そうなおばちゃん」よりはずっといいですね。

一番気になったのは部屋が狭いということでしょう。日本人は「広さ」に高級感を感じることが多いので、物理的な制限上しょうがないとは思いますが、大きなハンデかもしれません。某S副理事長は「雀荘で雀卓かこんでいるみたい」なんておっしゃっていました。

がしかし、今回のハイライトはお部屋の大きさなんかではありません。今から紹介する言葉を紹介したがために、珍しく「食レポ」風の文章を書いておるわけです。

食事も進み、メインのお皿が提供されていました。その中に殻の中に盛られた生の伊勢エビがあり、中身を焼いていただくわけですが、テーブルの一人が「殻も焼いたら美味いんちゃうかなぁ」と言い出します。車エビならわかりますが、伊勢エビはちょっ固いかもしれません。

そこで仲居さんに「これ、焼いて食べれますか?」と聞いたところ、

その若くて可愛い仲居さんが、全く真面目な表情で答えて曰く

「物好きな方は食べておられます」

・・・テーブル一堂まさに「( ゜д゜) ポカーン」でありました。当然変なことを言ったという認識は彼女にはないわけであります。

「食べようとしているあなたのことを、このお店としては『物好きな人』と認識します」というメッセージを発したという認識は当然ないわけです。まぁこちらとしては笑うしかありませんね。

とうわけで、初めての「叙○苑」体験は、なかなか面白い時間となりました。小食の私は結局お肉3枚くらいしか食べませんでしたが、大変美味しゅうございました。御馳走様でした。

- WebCalen -