ほぼ日刊ヒトミ通信

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

  素晴らしき経営研究会 5月例会
2018年04月25日 (水)


すば経5月例会のご案内です。

5月18日(金)、「渋滞学」で名高い西成活裕教授(東京大学 先端科学技術研究センター)をお招きし、『逆説の法則』〜渋滞学から学ぶ長期的思考の重要性〜をテーマにご講演いただきます。

渋滞学による分野横断的な発想から見える経営の原因・問題解決の糸口、目先の利益でなく次世代を支える「長期的思考」がいかに正しいか。

素晴らしき経営に活かせる「4つの逆説の法則」を学ばさせていただきます。

たくさんのご参加お待ちしております。

□日 時
2018年5月18日(金)
18:30〜21:00(受付18:00〜)


□会 場 ハートピア京都 3F 大会議室
 京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375番地
 TEL 075-222-1777
 http://www.heartpia-kyoto.jp/access/access.html


□講 師 西成 活裕 教授
(東京大学 先端科学技術研究センター)


□テーマ 『逆説の法則』
〜渋滞学から学ぶ長期的思考の重要性〜


□登録料 会員及び会員の社員様:無料
オブザーバー:2,000円


□メールにてお申し込みください。→ すば経事務局大江まで oe@kyotokeiei.com

たくさんのご参加お待ちしております。


□講師プロフィール 西成 活裕(にしなり かつひろ)教授

東京大学大学院博士課程修了。工学博士。
車、人、インターネットなどの流れに生じる「渋滞学」やビジネスマンから家庭の主婦の生活にある無駄を改善する「無駄学」を専門とし、学術的なフィジカルレビューレターズ(世界最高権威の米物理学専門誌)などに論文掲載を多数行っている。

その中でも、著書の『渋滞学』は講談社科学出版賞と日経BPビズテック図書賞を受賞し、話題となる。

現在は、「ストレスや渋滞そして無駄のない社会づくりに貢献したい」という思いのもと執筆活動だけではなく、日本テレビ「世界一受けたい授業」をはじめ、メディアへの出演や講演活動を行い、一般の人にも分かりやすく伝えている。

□著書

「逆説の法則」(新潮選書)
「渋滞学」(新潮選書)
「東大人気教授が教える 思考体力を鍛える」(あさ出版)
「とんでもなく面白い仕事に役立つ数学(日経BP社)
「クルマの渋滞アリの行列」(技術評論社)
「渋滞の先頭は何をしているのか?」(宝島社新書)
「無駄学」(新潮選書)
「誤解学」(新潮選書)


- WebCalen -