ほぼ日刊ヒトミ通信

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

  目的はなにか
2018年06月29日 (金)

いやー戦前の予想を大きく覆すベスト16進出、誠に素晴らしい。渋谷にも道頓堀にも繰り出すことなく、テレビで生観戦することもなく、全て翌朝のダイジェストで楽しむおじさんではありますが、流石に気分が明るくなりますね。

そんな中、何やら第3戦の終わり方が話題になっているようですが、誠に不思議な話で意味が解りません。

強豪国でない日本にとって、予選を戦っている時の目的は「予選突破」、グループリーグでの目的は「決勝トーナメント進出」であることは明らかであり、

その「目的」達成の為に、その時最も相応しいと思える手段を選択して、実行して、結果を出したわけで、どこの部分に問題があったのか全く理解に苦しみます。

「セネガルが一点とったていたらどうしたのか」なんて質問はナンセンスの極みであり、その時は「西野監督が罵倒され、バカ扱いされ、日本サッカー界で再起不能の傷を負う」のが当然で、その時は黙って受け入れるということでしょう。

「サッカーを冒涜した」とか「茶番」とか、ちょっと手が顔に触れただけで大げさに倒れたり、足がかかってないのに転んでみたり、一流選手までが毎試合繰り広げている「演劇」や、

ファン同士でもめて殴りあい、時にはスタジアムに火を付けたり、オウンゴールした選手が殺されたり、揚句には勝敗をきっかけに戦争まで起きてしまうのが、このスポーツの「文化」と思っていたのですが、いつの間にか変わってしまったのかな。

そもそも、「負けても条件次第で突破」という素晴らしい選択肢は偶然幸運で手に入れたものではなく、長年の努力と本番での必死のパフォーマンスによって、実力で手に入れたものなので、それを行使したことについてとやかく言う方がおかしい。

文句言っていいのは、当日スタジアムにいた観客だけかな。最後まで死力を尽くしたせめぎ合いを見たかった気持ちは理解できます。

日本サッカーがもっともっと成長すれば、「ベルギーVSイングランド」並みの演技力で試合できるようになれるかもしれません。その時はもう誰も「茶番」と言わなくなるでしょう。流石に歴史が違いますね。

いずれにしても、次戦の健闘を心からお祈りしたいと思います。(また翌朝確認とは思いますが)

- WebCalen -